不感症 完全脱出

「女性の不感症改善成功率80%を達成し続けています」

“80%達成その秘密は”
まず、貴方様の不感症状の発生原因を徹底的に分析します。


*平成27年3月~9月までの間、不感症の症状改善解決成功者200名の方へのアンケート調査の結果、不感症になるのは必ずきっかけが有る、完全に治すにはきっかけの元にある原因を排除・改善する必要が改めて確認されました。


「不感症が改善せず苦しい」と悩む貴方には
不感症なりやすい原因があるのです

貴方が不感症ではないかと思い始めたのは、どんな事がきっかけでしたか?200名様アンケート

貴方が不感症ではないかと思い始めたのはどんな事がきっかけでしたか? 人数   % 
1位 交際相手の男性に言われてから

58名  約29%

2位 交際相手の男性とのSEXが10回目位なのに全く快感がなかったので

39名  約19%

3位 違う男性何人ともSEXをしても快感が感じられなかったので

27名  約13%

4位 SEX経験無し(処女)で結婚して半年以上過ぎても快感を感じられなかったので

22名  約11%

5位 高校生の時オナニーを覚え半年たっても快感が感じられなったので

17名  約8%
その他37名以下

アンケート調査ご協力200名の方の声です

あなた様が「不感症」かな?と感じ始めて、どのような心の症状が起きましたか?

 

★男女合計200名の方のアンケートの結果
1位 気持ちがイライラしやすくなった
2位 恋人との交際が辛くなって、夜中に目が覚めたり熟睡感が無くなってきた
3位 交際相手から不満を言われるのではないかといつも不安な気持ちが続いた
4位 SEXしていて、いったフリをしてごまかすようになってきた
5位 どうしても将来を悲観的に考えるようになった
6位 日頃しているなんでも満足感が持てなくなった
7位 食欲が無くなった又は過食するようになった
8位 涙ぐむことがよくあるようになった
9位 自分はダメな人間、欠陥人間だと思うようになった
10位 もう結婚は出来ない、死んでしまいたい、または自殺を考えるようになった

不感症完全脱出「6つのメニュー」選択方式

下記の6つの施療メニューの中からご自分で選択が可能です

性格・気質改善コース

専門のカウンセラーによる指導で性的不感症になりやすい貴方様の「高い不安気質」や他者の目線や自分に対する評価や言動を気にしてしまう「強い他者依存性の性格」を改善します。

トラウマの解消・変更コース

幼児期や少女期に体験したなかで性的な心傷体験あるいは男性からの暴力やパワハラ・性的暴行などはSEXそのものを認められなくなってしまいます。専門カウンセラーの心理療法によってそのトラウマの解消・変更を行います。

トレーナータッチングコース

専門のトレーナーによるタッチング(性機能障害克服施療)を受けていただく事でSEXに対しての不安感や恐怖感や拒否感を感じていた貴方様の心のベールがはがされ喜びに変わっていきます。

セント・フォーカステクニックコース

専門のトレーナーによるセンセート・フォーカス・テクニック(性感覚発掘訓練)トレーニングを受けていただきますと、貴方の眠っていた性感が目覚めていきます。

パートナー同伴実践指導コース

SEXパートナーの方と同伴していただきますと、専門のトレーナーの指導で女性パートナーへの究極の愛撫テクニックやSEXスキル向上の為の様々の実践技法を身に付けていただけます。

コミニュケーションスキルアップコース

恋人同士やご夫婦の良いコミュニケーションはセックスライフを盛り上げてくれます。リスニングスキル(上手な聞き役になる)アーサーションスキル(上手な話し手になる)アップ講習で二人の関係はこれまでになかった楽しく円満な関係に変わります。

 

<施療・施術料金表>

只今開設10周年記念「特別割引料金」サービス中です!
ご希望のコースを2つ以上組み合わせての施療もお受けできます


メニュー名 60分間
コース
120分間
コース
180分間
コース
5時間
コース
延長時間コース
延長‥時間当たり
性格・気質
改善コース
5800円 7800円 9800円 15800円 1時間当たり
3000円
センセート・フォーカス
テクニックコース
6800円 9800円 12800円 17800円 1時間当たり
4000円
トレーナー
タッチングコース
6800円 9800円 12800円 17800円 1時間当たり
4000円
トラウマの解消
変更コース
5800円 7800円 9800円 15800円 1時間当たり
3000円
コミュニケーション
スキルアップコース
5800円 7800円 9800円 15800円 1時間当たり
3000円
パートナー同伴
実践指導コース
9800円 14800円 - - 1時間当たり
5000円

不感症の種類

★性嫌悪症
○セックスが元々嫌でしょうがない
○子供の頃から体に触れられるのも嫌。パートナーとの間はセックスレス。

男性にも存在しますが、女性の方に圧倒的に多いタイプです。
性欲はあるのですが、セックスができないという人です。

★性興奮障害
○男性器の挿入時に膣が濡れない。
○セックスの最中に膣壁が痛くなり、全く快感が得られない。

★オーガズム障害
○オナニーでは感じることができるが、セックスで全くオーガズムを感じたことがない。
身体的な問題
○痛みでペニスが挿入できない
○パートナーが外陰部に触れるだけで激痛が起こる

性交痛障害には「膣痙」と「性交疼痛症」の2つの症状があります。

膣痙
膣痙とはペニスを挿入しようとすると膣が収縮してペニスが入れない状態になることです。よく一般的にいう膣痙攣などありますが、この症状は違います。

性交疼痛症
セックスの時に膣内に痛みが発生して、最後までセックスが続けられない症状です。これは膣痙や、膣潤滑不全とは全く別の原因で起こる痛みだと区別されて現在は分類されています。

不感症とは精神的なもの、または身体的なものがあります

不感症とは、相手の性的な刺激に対して自分が興奮を覚えることができない、自分に性欲があるにも関わらず、性交しても快感を得ることができない事をいいます。
女性はSEXでオーガズムに達してどうなるか、というはっきりとした反応が分かりにくく、男性のように快感と同時に射精という行為がありません。

1980年代に雑誌「MORE」が1980年・1981年に実施したアンケートに回答した女性は、13歳~60歳の5,770人(1980年は5,422人、実名回答は1,460人。1981年は348人)。編集部が用意した質問は全部で45問。読者に自らの具体的な性生活を事細かく尋ねる内容のため、読者から寄せられた回答の整理・分析に2年半を費やした。

女性の性に関して5570人から得られたアンケートで分かったのはセックスで満足、オーガズムが得られているのか?という問いに対して毎回得られると回答したのは10人に1人という結果になりました。

男性の不感症は、勃起障害(ED)や遅漏(射精が遅い、行われない)と言われています。
男性の場合は膣ではなく、自慰行為では射精ができるという方が多いです。

人の性に関する調査を行うアメリカの性科学者による「キンゼイ・リポート」では女性の10人に1人はオーガズムを感じることは難しいと報告しています。

実に、SEXで感じていない人のほうが多数であるとはいえないでしょうか。
セックスにおいて女性側に苦痛があり、満足の得られない状態のことを女性性機能障害(FSD)と称されています。

不感症には精神的な不感症と身体的な不感症があり、また、自分は不感症だと勝手に思い込んでいる場合のケースもあります。

不感症はハッキリとした事実がない限りは自分を不感症だと勝手に思い込んで悩んでいる場合が多いと思われます。

不感症はほとんどの方が解消、改善出来るのに相談できる相手や機会がないまま、一生悩み続ける方が驚くほど多いのです。

この機会に自分は本当に不感症なのか確かめる事が自分の本当の幸せにつながると思います。

不感症の原因とは?

★幼少期・少女期に体験した衝撃的な事がトラウマとして残り不感症・男性恐怖症になってしまう下記のケースは少なくありません。

・学校での性的イタズラを受けた
・知らない人に強姦されてしまった
・近親者(親・兄弟)に性的暴行を受けた

*SEXは苦しいもの・汚ないもの・痛いものという先入観が残ってしまいます。
このような体験者はパートナーと腕を組むことや、接触することは平気なのに密室でのセックスへ至る雰囲気を嫌います。

以上のような原因では精神的なものが多く、解消には心理カウンセリング、 専門トレナーによる不感症からの脱出の為の施療が有効です。当然パートナーが励ます、愛情を注いで心を開くなど、相手の理解は欠かせません。

★性興奮障害……男性器の挿入時に膣が濡れない為、セックスの最中に膣壁が痛む症状。

原因はエストロゲン(女性ホルモン)の分泌の減少、又は性に対しての経験や知識が足らない場合も良くおこります。
性的興奮に至るテクニックをご本人がまだ知らないという事も良くあります。
それが原因で不安や、緊張を生んでしまいます。

性体験がそれなりにあっても、精神的なストレス(人間関係・イジメ・パワハラ他)などのきっかけにより性興奮障害を起こしやす事も多いようです。

★病気やそれによる薬剤投与による影響も原因になります。

膀胱炎、膣炎、甲状腺機能低下、薬剤では経口避妊薬、抗うつ薬、鎮痛剤、降圧剤などが不感症の原因になる場合も多く見られます。

★オーガズム障害……セックスをしても、一定の快感度止まり、でそれ以上快感が高まらない

・セックスのクライマックス(快感の上昇)に不安や恐怖感を感じる。
・セックスなどの後に後ろめたさや罪悪感などを覚えるため。
・パートナーに対して、全面的に自分を委ねることを恐れてしまう。
・自制心を失う恐れや理性失う事を感じ自分がどうなるのか怖くなってしまう。

*上記のような精神的な不感症の原因は専門の心理カウンセラーのカウンセリングを受ける事でほとんどが解消・改善出来ますのでお気軽にご相談下さい。

タッチングとは

センセート・フォーカス・テクニックとは


★タッチング(専門トレーナーによるトレーニング)
性機能障害を施療する基本技法で、とても重要となる訓練法です。セックスに対する恐怖心を取り除き、言葉は使わずパートナーとコミュニケーショをとることが目的です。
なるべく性的なムードにならないように気をつけて行うのがポイントです。

専門のトレーナーに体を触られたときその感覚をよく覚えておき、相手にどのようにしてもらいたいか、どのくらいの強さでさわってほしいかを伝えます。例えば、「もう少し強くさわってほしい」「やさしく、少し弱めに」など。このとき大事なのが言葉ではなく、お互いの手を重ねて意思を伝えることです。最初は難しいかもしれませんが、徐々に慣れてきます。


★センセート・フォーカス・テクニック(専門トレーナーによるトレーニング)
1、専門トレナー主導で行うトレーニングの場合
センセート・フォーカス・テクニックとは、セックスセラピーの基本的な手法で感覚集中訓練とも呼ばれます。
リラックスした状態でトレナーが女性の体に触れながら「女性のどの部分が気持ちよくなるか」などを発掘し、女性のセックスへの恐怖心などを解消し、喜びや楽しいものに変えていくことが目的です。
性嫌悪症、性交疼痛症、性欲の低下の改善などに用いられます。
センセート・フォーカス・テクニックには1~5までの5段階の公式があり、第1段階から順番に治療を進めていきます。

2、専門トレナーの指導で「同伴パートナー同士」が行うトレーニングの場合

  1. お互いの身体(性器は除く)を交互に愛撫し合い、相手のことを配慮せず、利己的に全神経を与えられた感覚や官能に集中し、タッチングを受ける事を楽しむ。触られた方の好みを相手に伝える。
  2. 性器へのタッチングを加えたもの。しかしオーガズムには至らない程度。
  3. 女性上位で何度か短時間男性器を挿入する。自己刺激またはパートナーからの手や口による刺激でオーガズムに至る。
  4. 女性上位でオーガズムに至るまでペニスを膣内にとどめる
  5. 男性上位でオーガズムに至るまでペニスを膣内にとどめる

専門のトレーナーに体を触られたときその感覚をよく覚えておき、相手にどのようにしてもらいたいか、どのくらいの強さでさわってほしいかを伝えます。例えば、「もう少し強くさわってほしい」「やさしく、少し弱めに」など。このとき大事なのが言葉ではなく、お互いの手を重ねて意思を伝えることです。
最初は難しいかもしれませんが、徐々に慣れてきます。

不感症とは?

♦不感症(ふかんしょう)とは、自分又は相手の性的な刺激に対して何の興奮も快感も覚えないこと。もしくは何の感情的な反応もわかないことを指します。

感情の動物である人間が外的な刺激に対して人間らしい反応が無い場合に、「病的である」のではないかという心配をする場合があります。

不感症という性的な問題を、当人が劣等感(コンプレックス)として悩んでしまう事も悩みをかえって深くしてしまいます。

♦性医学的な不感症
性的な不感症の原因は、精神的な問題と神経生理学的な問題に分けられます。両者が密接に関係して起こる場合もあります。男性の場合は性的刺激に反応しない(勃起障害)や射精が行われない(極端な遅漏)といった問題、女性の場合は性的刺激で興奮しない・オーガズムに達しないものだと一般に言われています。

性的不感症は、当人にとっても、その相手にとっても、多大な精神的ストレスを与えやすいものです。
さらに、これらのストレスが状態を悪化させることもあるため、専門家によるカウンセリングや性感を増す為のトレーニングも効果がありますので試されて見る事も大切です。

自慰では達することができるが、性交渉では達することが出来ないというケースも男女とも報告されていますが、それらを不感症と決めつけて扱ってしまうと、ストレスの元にもなるので、注意が必要です。

なお女性のオーガズムに関しては、婦人雑誌などで行われたアンケート(『モア・リポート』(集英社)など)によれば過半数の性交においてオーガズムに達していないとする話もあり、一概にオーガズムに達していないからといって、不感症だとはいいきれません。

また男性においても、体位や射精にいたる興奮の度合いで達し方に明確な差異が見られます。
男女どちらの性別においても、性的な感覚は体調にも影響されやすく、また精神状態には相手に対するイメージやムードといった要素にも影響されやすい事がわかっています。

良い性交渉は愛撫を工夫する事や、十分なスキンシップ(後戯)も重要視される要素であり、オーガズムに達する為の工夫やトレーニングは大切です。

ご相談者の皆様の感想

OL29歳(女性)未婚
付き合っていた彼にセックスの相性が悪いので、別れたいと言われ、涙が止まりませんでしました

交際してから3ケ月目に彼の車で2泊3日の旅行に行きました。ホテルに宿泊した最初の夜、彼は私の体を求めてきました。優しく愛撫されたのですが快感が感じられなくて彼が途中で愛撫をやめてしまいました。君は今夜は疲れているからもう寝ようと言ってベットに横を向いて寝てしまいました。私はその夜は朝まで目が冴えて眠れませんでした。翌朝まだうす暗い6時頃彼が起き出して私の体を求めてきましたが、愛撫されても私の身体が反応せず彼は思いを遂げられず、もう帰ろうと言って朝食を終えたら1泊残して帰りました。駅に着いた時彼からごめんね別れよう「君とは相性が悪いみたい」と言われ涙が溢れて止まりませんでした。以前付き合ってた彼とも同じような事が有り、私の体は不感症でもう一生男性とは性的な関係は持てない結婚も出来ないと思っていました、そんな時「あおぞらさん」のホームページを見て藁をも掴む感じで相談に行き性格と気質の改善とトレナータッチングコースとセントフォーカステクニックコースの施療を受け自分も驚くほどセックスで快感を得られる事が分かりました。あおぞらさん本当にありがとうございました。

31歳 主婦
結婚して6ケ月夫から「不感症か」と言われもう死にたい気持ちでした

親の勧めで8ケ月前見合いをしたところ相手の男性から是非結婚してほしいと言われその2ケ月後に結婚式を挙げました。私は子供の時交通事故で左足を圧迫骨折し足を少し引きずるような歩行しかできませんでした。その為結婚も半ば諦めていましたがご縁が有り結婚する事が出来ました。しかし結婚するまで男性との交際は全く無く夫婦生活にも不安を感じていました。夫は新婚旅行の時から私の体を毎日のように求めてきました。私が3ケ月位過ぎてもセックスに全く快感を感じないので夫がだんだん私の体を求めなくなって来てしまいました。そんなある日「君は交通事故で足だけでなく性感覚も無くしてしまったのか」と言われました。私は子供が好きでどうして赤ちゃんを産みたかったので、親友の子に相談しました。親友の子が以前不感症の事で助けてもらった「あおぞら」さんを紹介してくれました。夫が出張で出かけた日あおぞらさんを訪ね性格気質改善とトレナータッチングコースとセントフォーカステクニックコースの施療を受け自分も驚くほどセックスで快感を得られる事が分かりました。あおぞらさん本当にありがとうございました。

デパート勤務(女性)24歳
3歳の時兄からの性的イタズラをされ男性と交際してもすぐ別れてしまいます

3歳の時、3つ上の兄が母が留守の時、私の下着を無理やり脱がせ、手で私の性器を触ったり指で押したりしました。私は怖くて逃げ回りましたが、兄に押し倒されてイタズラを続けられました。お母さんに言ったら殴るぞと言われ黙っていました。そんな事が小学2年生の頃まで続きました。私は以来男の人に恐怖感を持つようになり、高校時代で野球部の男の子から告白されましたが、家に逃げ帰ってしまった事もありました。大学を出て就職して2年目、感じがいいなーと思っていた先輩の男性に交際を申し込まれましたがどうしても受け入れる事が出来ず泣く泣くお断りしました。そんな時インターネットで「あおぞら」さんの事を知り早速問い合わせたところ幼児期のトラウマの解消も、男性恐怖症も改善できると聞いてすぐ予約しました。カウンセラーさんの心理療法でトラウマも解消できトレナータッチングコースとセントフォーカステクニックコースの施療を受け自分も驚くほどセックスで快感を得られる事が分かりました。私に告白してくれた先輩に私からお付き合いをお願いして現在心身とも充実した恋愛関係を充実させています。あおぞらさん本当にありがとうございました。

35歳(女性)
再婚したいのですが、どうしてもセックスが苦手でどうしたら良いか悩んでいました

7年前に結婚した夫が酒癖が悪く、酔って私の体をいつも求めてきて、私が嫌がると「俺をなんだと思っているんだ」と言って暴力を振るい、無理やりセックスを強要されてきました。その為セックスには結婚以来喜びをほとんど感じられなくなっていました。2年前にそんな夫と離婚し子供2人と現在暮らしています。そんな時職場の上司でバツイチの方から告白を受けお付き合いをはじめましたが、どうしてもセックスを求められると体が拒否してしまっていました。優しい彼は無理しないでいいよとキスしたり抱きしめるだけで我慢してくれていました。そんな時、彼の提案であおぞらさんに相談に行くことなりました。「パートナーとの同伴でのセックストレーニング」を受けて二人共目からうろこの連続で、トレーニングを受けた翌日から本当に幸せなセックスライフを楽しめるようになりました。タンパクだった彼も前戯に30分以上もかけてくれ私は1回のセックスで3~5回位セクスタシーを感じられ本当にあおぞらさんに感謝しています。